塩化アルミニウムとは?

脇汗に効果が高いと話題の塩化アルミニウムとはどんなものでしょうか。
塩化アルミニウムは、多汗症の治療薬として用いられています。

 

脇汗はもちろん、手のひらや足の裏の局所性多汗症に高い効果を発揮します。

 

ところで、塩化アルミニウムと聞くと、見慣れない化学物質という感じがしますが安全性は大丈夫なのでしょうか。塩化アルミニウムは、もともと防腐剤や染色剤、消臭剤に使われています。

 

その効果は抜群で、病院でも処方してもらえますが、インターネット通販やドラッグストアなどでも買い求めることができます。同じように「脇汗にはミョウバンが効く」というのが広く認知されていて古くから用いられている方法です。

 

でも、ミョウバンでは効果を感じられないという方も多く、実際には、塩化アルミニウムの方が効果は絶大です。塩化アルミニウムを脇に塗布すると、水素イオンが汗腺に働きかけて汗を生成しづらくします。つまりイオンを使って汗を抑制する方法です。

 

古くから制汗剤として用いられてきたミョウバンや重曹も塩化アルミニウムと同様に、イオンの力を使って制汗したり消臭効果を持っています。塩化アルミニウムには、汗を止めて臭いを無くすという両方の高い効果を得ることが可能です。

 

ただ、塩化アルミニウムをそのまま使用するとピリピリとしたり、肌への影響があまり良くないので注意したい所です。当サイトで紹介している塩化アルミニウム配合のデトランスαであれば、通販で手軽に購入できますし、塩化アルミニウムをそのまま使うよりも肌に優しいのでオススメです。

 

塩化アルミニウムを使った体験談

 

私はとても汗っかきで悩んでいました。インターネットで色々調べましたが、ボトックスは高いし年に何度かは痛い注射をすることになります。そこで病院で手術しなくても塩化アルミニウムを塗るだけで効果が出ると知り、早速使ってみました。

 

付けた感想は、少しかゆみが出たので毎日は使えませんが、制汗剤などと違って1回つけるだけで数日間効果を感じることができます。

 

塗らない間も汗が抑えられるのは画期的だと感じます。

 

制汗剤を使っていた頃は効果が薄いし、日に何度もつけないといけませんでしたから効きの良さに驚いています。私は加齢と共に体質が変わったのか、脇汗が気になるようになりました。

 

臭いも気になりますが、やはり夏は特にシャツの脇の下部分が変色するのが嫌でした。
塩化アルミニウムのことを知って半信半疑で使い始めましたが、本当に汗がでなくなりました。

 

最初の4〜5日は効果はまだあるけど、まだ完全には脇汗を止められない状態といった感じですが、1週間くらいすると完全に脇汗を止める事ができました。あとは週に2〜3回を使う程度で脇汗を止める効果を持続する事ができます。洋服の色を気にする必要もなくなりますし、猛暑日でも1日中サラサラなので脇汗パットなども全く不要になるのでかなり良いです。

 

長期的につけていると、塩化アルミニウムをつけなくても汗をかきにくくなるそうなので、継続するのが良いですね。最近は塩化アルミニウムを水で薄めたりするのが面倒なのでデトランスαという塩化アルミニウム配合のデオドラント商品を使用しています。こちらはロールオンタイプなのでそのまま塗るだけなのでとても簡単です。

 

塩化アルミニウムだと手に取ってそれを脇に塗ったりしなくてはいけないので面倒だし、塩化アルミニウムがついた手のひらが突っ張った感じの違和感がでるのでそれがないのもいいですね。