イナバ式皮下組織削除術とは?

イナバ式皮下組織削除術とは、イナバ式皮下組織削除器を用いて、皮膚を薄く削り、汗腺組織や皮脂腺を取り除く手術のことです。クリニック等の医療機関でイナバ式皮下組織削除器を扱っている医師から施術を受けることが可能です。

 

汗腺除去手術の一つの方法になりますが、多汗症およびワキガに効果があります。

 

手術はおよそ1時間で終わりますが、その後タイオーバーという脇の下にロールガーゼを固定してテープで圧迫固定をします。

 

術後の脇の下への負担を減らすと共に、手術で離れた皮膚と皮下組織の再結合を補助します。3〜4日程度経ったら、厚めのガーゼに交換し、手術から1週間後に固定を外し通算2週間後に抜糸します。入院するのは、最低でも手術から3日以上になります。

 

イナバ式皮下組織削除術を受けると、汗もかかず、ワキガもおさまり、さらに脇毛も生えてこなくなります。女性にとってはメリットですが、男性にとっては複雑でしょうか。

 

しかし、脇毛が生えてこないと脇の下の清潔を保ちやすいですし、最近のムダ毛を嫌う女性には高評価かもしれません。イナバ式皮下組織削除術は、他の多汗症手術と比較しても熟練した技術を要しますので、経験を多く積んだ腕の良い医師を選ぶことが必須です。