ミョウバン水と重曹風呂の使い方

ミョウバン水は、発汗や気になる汗の臭いを抑えてくれると古くから知られている方法です。

 

ミョウバン水の作り方は、焼きミョウバン50gを大きなペットボトルに入れ、水道水を1500cc加えて軽く振ってから半日程度置きます。ミョウバンは溶けにくいのでそのまま放置しておき、透明な液体になったら原液の出来上がりです。

 

原液を10倍に薄めてスプレーボトルに入れて入浴後、ニオイの気になる部分に吹きかけます。
そのまま乾かすか清潔なタオルで拭き取ります。一番良いのは、一度、ミョウバンを吹きかけてからタオルで拭き取り、さらにもう1回吹きかけると効果的です。

 

ミョウバン風呂の方法

 

ミョウバン風呂に入るのも効果的です。
お風呂の場合、先程作ったミョウバン原液を70cc程度お湯に入れます。

 

金属は、ミョウバンで傷つくことがありますから注意してください。

 

ミョウバンは、ラーメンの原料として用いられているかんすい等に含まれている成分ですから、決して怖い薬品などとは違います。

 

また、重曹風呂は、重曹を入れたお風呂に入浴したり、お湯で溶いた重曹をペースト状にして脇の下や足に塗りこんで殺菌して臭いを無くしたり予防するのに効果的です。

 

重曹の方は、制汗剤としての効果はあまりありませんが、驚く程、脇の臭いなどが取れると話題になっていますから試してみてはいかがでしょうか。