基本的な脇汗対策の種類

脇汗がひどいと悩んでいる場合、どんな対処の種類があるでしょうか。

 

大まかに分けて「ツボを押すなどの在宅療法」、「脇汗対策グッズを使う」、「病院で治療する」という3種類の方法があります。根本的に汗をかかないようにする方法、かいた汗を目立たないようにする方法、臭いを抑える方法など色々あります。

 

在宅療法に関しては、脇汗が改善する在宅プログラム等の有料マニュアルを購入して試す方法、汗を止める効果のあるツボを押す方法などがあります。

 

手のひらのツボを押すだけで完全に汗が出なくなるわけではありませんが、かなりの汗を食い止めることができます。

 

脇汗対策グッズは、汗脇パッドや汗取りインナー、制汗スプレーなどを使う方法です。
ドラッグストアに売られている塩化アルミニウムのお薬も効果的です。

 

塩化アルミニウムは、汗をかきにくくなるので病院でも使われている有効なお薬です。

 

病院で治療する方法は、症状や病院の方針などでも異なりますが、塗り薬を処方されたり、ボトックス注射などで治療する方法があります。

 

最近は、多汗症やワキガも保険適用されますから悩みすぎずに病院を受診してみるのもお勧めです。デオドラントグッズに費用ばかりかかるとお悩みの方は病院に行ったほうが解決する可能性もあります。