多汗症の治療とは?

皮膚科やクリニックで行う多汗症の治療は様々な方法があります。多汗症の症状によって治療法も変わり、重度な多汗症ほどより専門的な治療が必要となってきます。

 

外用薬

多汗症に効果的と言われている成分、塩化アルミニウムやミョウバンを使った治療となります。

 

病院で処方された薬を毎日、多汗症がみられる部分に塗っていくことで症状を和らげることができます。しかし、この治療は本格的に多汗症を改善していくわけではありません。

 

一時的に薬によって抑制しているだけということを知っておきましょう。

 

ボトックス注射

多汗症に1番効果的とされているボトックス注射

 

汗をかくもととなる自律神経の交感神経を遮断する薬を注射で注入し、汗を抑制する方法となります。この治療も一時的なものであり、人によっては効果がなかなか現れない人もいます。

 

超音波治療

超音波を出す危機器を使用して、汗線を遮断していく治療となっています。特に、脇にみる多汗症に効果的であり、脇汗が気になる方の多くが行っている治療法でもあります。

 

交感神経切除手術

交感神経を切除し、汗をかく信号を送らないようにする手術があります。
この方法は、一時的な治療ではなく、完全に多汗症を改善することができる治療となっています。

 

手術をするのでメスを入れることになり、費用も結構高くつくことがデメリットです。

 

他にも様々な治療を行っているクリニック、皮膚科はたくさんあります。自分の多汗症がどのくらいの度合いなのか、どのような治療が自分の性質に合っているのか医師としっかり相談していきましょう。