多汗症の原因

季節によって気温が変わるように、人間の体も気温に合わせて汗をかくことで体温を調節しています。汗は人間にとって重要な役割を果たしているのですが、発汗の機能がおかしくなってしまうと「多汗症」として症状が現れます。

 

尋常ではない汗をかき、逆に体調を崩してしまうこともあります。
多汗症の原因は、主に2つに分かれます。

 

はっきりとした原因が分からない「原発性多汗症」と原因が判明している「続発性多汗症」です。

 

原発性多汗症

原発性多汗症はなぜ多汗症の症状がみられるのか原因が分からないタイプの多汗症です。

 

原因は不明であっても治療を行っていけば、改善することができるので安心して下さい。
塗り薬や飲み薬、レーザー療法などで治療をしていくことになるでしょう。

 

続発性多汗症

多汗症以外の病気や飲んでいる薬の二次作用で発症するものとなっています。

 

もともと病気を持っている人に多い多汗症であり、原因がはっきりしている限り、その原因に合わせて治療を行っていくことができるでしょう。

 

医師と相談しながら改善していくことをお勧めします。

 

交感神経

汗をかく仕組みは交感神経と深い関わりがあります。多汗症の症状が現れる人のほとんどが交感神経が敏感になっており、ちょっとした神経への刺激でたくさんの汗をかいてしまうのです。

 

多汗症の主な原因は、この交感神経が敏感になっていることが挙げられるでしょう。

 

また、多汗症は遺伝からくるということも分かっています。
原因について明確にされてはいませんが、様々な原因があると言っても良いでしょう。