多汗症に使用される薬の注意点

多汗症の治療として使われる薬にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

様々な薬があるのですが、それぞれ刺激が強いものから比較的弱いものまで幅広く揃っています。肌質に合ったものを使用していかなければ、肌トラブルが起きる可能性もあるので要注意です。

 

抗コリン剤

汗線が集まっているところに多汗症の症状がよく見られます。
汗をかく信号は自律神経である交感神経が関係しています。

 

交感神経からはアセチルコリンが出ており、この物質が汗を大量に発生している要因でもあるのです。この物質の発生を抑制することができるプロバンサインという抗コリン剤を飲む事で汗を直接的に抑制できるのですが、抗コリン剤は薬なので副作用も持っています。

 

胃腸が不安定になったり、便秘や口の中が異常に渇いたりと副作用がみられます。
抗コリン剤を使用する場合は、専門医と一緒に相談しながら使わなければなりません。

 

塩化アルミニウム

多汗症対策として有名になっている塩化アルミニウムは、様々な対策グッズでも使用されています。塩化アルミニウムも刺激が強い成分となっており、皮膚が弱い人が使用すると肌がかぶれ、かゆみなどが出てきます。

 

敏感肌や乾燥肌にはあまりお勧めできません。

 

通販でも塩化アルミニウムが販売されており、気軽るに購入することができるようになっています。自分で使う場合は、塩化アルミニウムの濃度や使用上の注意をしっかり読み、把握した上で使うようにして下さい。