多汗症とは?

多汗症とは、その名の通り、汗の出方が異常な症状となっています。
普通の人では考えられないような発汗があり、主に顔や脇、手にみられます。

 

精神的な要因からくるものと考えられる部分もありますが、多汗症は交感神経が正常に機能しなくなることから病的なものとして認識されています。

 

多汗症でも様々な種類があり、体中に汗が発生する全身性多汗症、体のある一部にしか症状が現れない局所性多汗症の2つに主に分けられています。

 

多汗症で多いのが後者の局所性多汗症になっています。

 

汗をかく部分には汗線が張り巡らされており、特に脇、手、足、股間といったところには汗線が多く集まっています。よく緊張や不安からくる精神的な気持ちで汗をかくことが多い部分、手や足の裏は「掌蹠多汗症(しょうせきたかんしょう)」と呼ばれています。

 

少しの汗ならば緊張からくるものとして多汗症扱いにはなりませんが、時に尋常ではない発汗がみられることがあります。そのような状況がみられるならば多汗症として判断して間違いないでしょう。

 

腋窩多汗症と呼ばれる症状は、主に脇から滴り落ちる汗のことをさしています。
また、頭部から多汗症の症状がみられる人も多く、局所性多汗症は様々な場所からみられます。

 

体中すべてのところから多汗症の症状がある全身性多汗症と比べるとまだマシかもしれません。治療を行っていけば、改善することができるので重度な多汗症になる前に早めの対処が必要とされるでしょう。