多汗症原因別の対処法

多汗症の原因は、人によって様々です。

 

原因がハッキリ分かっている続発性多汗症や原因が分からない原発性多汗症など様々な種類があります。自分の多汗症がどのような原因からきているものなのか分かれば、その原因に合わせた治療を行っていくことができるでしょう。

 

食生活

多汗症の原因のひとつに食生活の問題があります。油物や辛い物ばかり食べてしまっていると味覚性発汗が過剰になってしまい、多汗症の症状となって現れるのです。

 

特に、辛い食べ物は味覚を刺激してしまうので悪化させると言われています。

 

食生活に心当たりのある方は、栄養が十分に含まれている野菜中心の食生活に改善していきましょう。辛い物はできるだけ避けるようにすることが大事です。

 

更年期障害

高年齢の方に多い原因が、更年期障害からくる多汗症です。
歳をとるごとに免疫力が弱まり、怪我や病気の回復が遅くなっていってしまいます。

 

体の中にある栄養素が少なくなっていくので、常に栄養を外から吸収しておかなければなりません。持病や薬の影響からくる多汗症もありますが、まずは、体の機能を正常に戻すことが大切です。

 

サプリメントや漢方といったものを飲んで体に必要な成分を積極的に吸収していきましょう。

 

精神面からくる多汗症

多汗症は精神の病気ではありませんが、まったく関係していないとは言い切れない部分があります。ストレス社会と言われている今の世の中、無意識にストレスを溜め込んでしまっている人が増えてきています。

 

ストレスは様々な病気と繋がっており、多汗症を引き起こす交感神経にも影響を及ぼしているのです。ポジティブな考えをすることができない、ネガティブ思考の方に多い原因でもあり、精神面からくるものはカウンセリングを受けて改善していくことをお勧めします。