ボトックス注射とは?

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌を抽出したものを脇の下に注射する方法で汗を止めます。
汗を止めることで軽いワキガの臭いがある方も、抑制することが可能です。

 

汗腺除去手術と違って、傷跡も残らないのですし、メスを入れるような大きな身体的負担はありません。しかしボトックス注射は、継続的な効果は最長でも半年程度です。

 

ですから、年に2回程度を継続する必要があり、根本的な治癒は望めません。

 

費用は、2012年11月から保険適用されることになりました。それまでは、1回10万円程度かかっていたのが、3割負担で2万8千円程度で受けられるようになっています。

 

それでも、高いと思う方も多いと思いますが、かなり安くなってきてはいます。
費用や保険適用に関しては、クリニックに直接問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

これは、脇の下の多汗症であって、まだ手のひらや足の多汗症には保険適用はされません。
数万円の施術費用を考えると、定期的に大きな出費を強いられることになります。

 

施術時間は、短く10分程度で終わりすぐに動けるので、仕事や学校で忙しい場合にも有効です。

 

ボトックス注射は、多汗症や多汗症に伴う軽いワキガに効果があって人気の脇汗対策ですから今後もっと費用が安くなることに期待したいですね。